パター上達!3パットしない!押し球を打つ為の両肘の使い方

https://www.goldonegolfschool.com/

みなさんこんにちは! 原田(タックン)です。

パッティングにおいて、インパクト直後から順回転の転がりをする「押し球」を打つ為には両肘の使い方が非常に重要になってきます。
ストローク中ずっと肩、肘、手にかけての五角形を維持している方がいますが、これではボールを擦り上げてしまいます。

動画では、前半に右肘の使い方、後半に左肘の使い方について解説しています。

パターは、パチンっとボールをはじくのではなく、初速が緩やかで一定であることが大切!
また、ヘッドの惰性を感じて、距離に関係なくテークバックとフォロースルーが1:2の割合でストロークをします。

ストローク中に胸の動きが止まると、反射で手首が折れてしまうので、必ず片側の手で胸椎(第二ボタン)を押さえて左右に胸を振ってください。

動画のように、片手で練習する事でパッティング中の両肘および両腕の使い方を覚えることが出来ます!


あわせて読みたい