イメージシャフト練習法10選 その4 デリバリーポジションドリル

ゴールドワン ゴルフスクール
https://www.goldonegolfschool.com/

http://blog.goldonegolfschool.com/

皆さん!イメージシャフトでトレーニングされていますか?

動画でも説明していますが、まだまだ間違った解釈でブンブン振り回している方がいらっしゃるので、最新ドリルも含めてもう一度復習したいと思います。

スイングにはそれぞれ右手と左手の使い方があり、それを協応させて回転と同調できると、プロや上級者のようなボディーターンスイングで振れます。それをアシストする最適な練習器具がイメージシャフトなんです。

これを使えば、フェースをボールに直角に合わせにいくスイングがいかにナンセンスかお分りいただけると思います。イメージシャフトのようなヘッドのないシャフトの先端でボールの内側数センチを低くまーるくシャロープレーンで振る最先端のスイングを身につけるのが狙いです!

インパクト地点はあくまでも通過点と言い切れるぐらい、これで練習して欲しいですね。一見、作れそうな感じのものですが、重心を感じ取れる絶妙なバランス設計で作られています。

多くのゴルファーは重たいものに引っ張られて遠心力を感じたいと考えていますが、はっきり言って引き付ける方の向心力(求心力)を感じ取れないと、フェース面の管理なんかできません。イメージシャフトのような先端の軽いものでも遠心力を感じ取れる繊細なバランス感覚を磨くことが大切なんです!

今回のイメージシャフトトレーニング10選で、G1スイング構築のきっかけになればいいなと考えています。大変参考になると思います!ぜひ、見てください!

購入希望の方は弊社のHPの商品紹介からお買い求めください。弊社で購入すると、G1の特典映像がご覧になれます。


あわせて読みたい