スイング中、左足裏はめくれていいのか?ダメなのか?

ゴールドワン ゴルフスクール
https://www.goldonegolfschool.com/

http://blog.goldonegolfschool.com/

スイング中、この動きはいいの?ダメなの?っていう疑問が多々あると思います。優勝したプロはこんな動きをして打っているから自分もやってみようって、いざトライすると上手くいかないなんてケースがよくあると思います。

例えば、あの優勝したプロはジャンプしながら打っているから真似しようなんていうのは、僕からしたらナンセンスな話で、当の本人はジャンプしようなんて思っていないはずです。フォローにかけて左足裏で地面を蹴ってインバランスに真っ直ぐ立ちたいと思っているが、一般人より少々脚力と背筋力があるだけなんです。だから、ジャンプのタイミングを間違えたら大変なことになる。情報過多って怖いですよ!気をつけてくださいね!

これからは皆さんが普段から疑問に思っていること。どっちが正しいのか?スイング論争を解決するシリーズを続々掲載していきたいと思います。

今回は「スイング中左足裏はめくれていいのか?ダメなのか?」

冒頭から言っておきますが、はっきり言ってダウン時に左足裏がめくれるのは良くないです!軸ブレやスピンアウト(腰引け)の原因になりショットが安定しません。めくれないように土踏まず(拇指球と踵内側)で踏ん張ることで、地面反力(地面を押さえつけてから足裏で地面を蹴る力)が増大してヘッドスピードに還元していきます。

ただし、一生懸命めくれないように努力しているがめくれちゃう人もいます。それは、①軸を中心に水平回転できないのかもしれないし、②靴の剛性が弱く柔らかい靴を履いているかもしれないし、③足首と股関節が硬いのかもしれないという諸事情が起因しているので、一つ一つ解決していけば、正しいスイングを必ず体得できます。

今回は①に着目して、足裏のめくれを解決していきたいと思います。動画にも見られるように、その原因は顔の上げ方やスイング中の体幹の歪み(ギッタンバッコンなど)。そして、間違ったフットワークにあります。

足裏がめくれなくなれば軸が安定し、回転力が増すので飛距離と正確性に直結します。そう言う自分も最近は足首の硬さを感じます。お風呂で足首を左右に回すことで柔軟性を高めています。


あわせて読みたい